上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話もほそぼそやっています。TOEICとか英検は試験なのだから、その勉強にfocusした方が効率がいいという声が聞こえてきそうですが・・・。

折しも英会話でも動名詞と不定詞がテーマでしたので、イクフン青本と合わせてここはみっちり復習したいところです。
Advanced Levelに行くにはこういう多少複雑な文法もしゃべるときにちゃんと使いこなせないとね、ということらしいです。

英語を話すときで意外と難しいなぁと思うことは瞬時に主語を決めること、そしてその主語に合わせた動詞が時制も含めてきっちり出てくること、なんじゃないかなぁと思うのです。

最近英文を読むときに動詞ばっかりフォーカスしてきましたが、意識してSとVを書き入れることにしています。意外と主語が何かをわかっていないことが多い(汗)
スポンサーサイト
 以前TOEIC界で有名なTさんに質問させていただく機会がありました。
 「TOEIC学習を続ける中で、ご自身の仕事でどのように変化がありましたか?」と。
 「私が700点台だった時、nativeとのミーティングでminutesを取らなければならなかったが、ほとんど書き取れなかった。900点に行ってからは、難なくminutesが取れるようになった」という明確なお答えを頂きました。
 なるほど!と思いそれからいつも「自分の英語力は、会議で正確にminutesが取れるところまで来ているか?」というのを自問自答しています。今のレベルでは、topicと大まかな話の流れと結論、next actionはなんとなくわかるが、個人のそれぞれの意見の微妙な違いや、人数が多くなり、発言数が増えると、そのスピードについて行くのは難しい、というのが私感です。
 
 自分の例を取ってみると、600点台の頃、telephone conferenceに出て、あるテーマで、ああでもない、こうでもないという会話の中で、中国人に「日本ではこれは問題じゃないのか?」と突然話を振られて、「問題ではない」ということを言いたかったのですが、散々説明した挙句に、結局「あなたの言っていることがよくわからん」と言われてしまいました(汗)。
 今800点まで来てどうか?と言えばこないだ、「言っていることもlogicalだし、あなたの言いたいことはよくわかる」と同意を得られました。言いたいことが、たとえ流暢な英語でなくても何とか伝わるレベルには来てきるのかな、と思いました。

 Speakingと言っても、何か特別なことをしているわけではなく、読むことが聞く力を底上げたように、読むことがまた話をすることにつながっているのではないか?というのが今勉強していて思うことです。(もちろん、書き言葉と話し言葉に表現の違いはあると思うのですが…)。それから、よく英語で考える、日本語→英語をやらないと言われますが、これはどういうことなんだろう、とずっと不思議に思っていました。
 今の学習法としては、日本語をうまく使って、理屈を頭に理解させるには日本語、それ以外はなるべく、英語で考えるというのを意識的にトライしてみています。だから1日に100回くらいはWhat can I say ○○ in English?と頭の中で唱えています。これはまだ自分の中で「これが私のspeaking能力や、英語力の底上げに役立ったな」と思えるレベルにはなく試行錯誤中なので、しばらく続けてみます。

 4月のTOEICまであと1週間。TOEICでスコアを上げたければ、TOEICで問われている英語の範囲をぎっちり、正確に突き詰めて、苦手分野を埋めて行く作業も必要だし、話せるようになりたかったら、たくさん英語を口にして、言いたいことをうまく伝える練習をすればいい。物事はいつもシンプル。
 4月も始まり新年度を迎えられている方も多いのではないでしょうか。我が社は4月始まりではないのでどうもピンときませんが(笑)。新年に続いて、新しい目標を立てるとてもいい機会でもありますよね。

 私は今まで通りしばらくは淡々と、耽々と、この2冊を「狭&深」学習ではやっています。

TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 7TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 7
(2012/12/01)
ヒロ前田

商品詳細を見る


TOEICテスト出まくりリスニング(CD付) (短期決戦の特効薬!)TOEICテスト出まくりリスニング(CD付) (短期決戦の特効薬!)
(2011/05/12)
神崎 正哉

商品詳細を見る


 いや~この出まくりいいですね。短文暗唱法が好きな私には合っていますし、何よりもspeakingに効いているような気がします。そもそもTOEIC的には、Part2が上手くいくと精神衛生上非常に健やかに、試験を続行できるというメリットがあります。それとは別の観点で、短文暗唱というのが会話をする上ですごく役に立つんじゃないか?という仮説のもと始めてみたわけです。そして、自分的には効果が出てきているような気がします。気のせいかもしれませんが。。この学習に求めている効果はずばり瞬発力と正確性なのです。

 ひとつ何か学習してみようと思ったときに「何を、何のためにやるのか」ということを自分の中ではっきりさせると、思考がすっきりするというか、ダメだったときの対策にも役に立つなぁと感じています。

 多読もやっていますが、これは簡単な文章を読んで、大量の英文を左から右に眼を速く動かして情報をたくさん取る、という目的でやっています。英語の波に乗れると、これはかなり楽しいです。小説のいいところは早く次が読みたい!と思うところなんですね。ビジネス書だと、なかなかそうはいかない。

 ということで今月の受験票が届きました。青山学院大学相模原キャンパス。初の会場です。ん?どっかで聞いたことあるな、と思ったら有名なHさんのブログに初めて登場するTOEIC会場でした。なんか、これは・・・ご利益がある気がする(笑)。12月、1月と初の会場でしたが、大学のキャンパスで良い結果が出たので、次こそは!と思いますが、あまり気合いを入れ過ぎず、冷静に自分の英語力を試す気持ちでのぞみたいと思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。