上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりの難しさに、実践ビジネス英語を放置していましたので、Febeでの定期購読をこの入門とリスニング攻略に変更してみました。英語をそこそこ使う仕事について早一年、結局簡単なことを、しっかりとした文法や、正しいシチュエーションに合わせた単語で言えることが大事なんじゃないかと改めて感じたからです。

ビジネス書の洋書も細々ですが読んでいます。
なかなかTOEICの勉強にフォーカスできていません。というか正直やっぱりこういう英語をやりたいし使いたいと思っていたので、これでいいかなー。

しかしここでこの学習法の欠点が!なんとなくわかった気になってしまうということなんです。。

900点は欲しいので、ここは最低ラインとして、大台に乗りたいし、そのための勉強はしないと取れませんね。ともかく忘れている基本的な文法のおさらいと、文型を使って正しく読むということを私の場合、もう少し強化しなくては!

スポンサーサイト
Sherlockを見てロンドンに行きたくなり、続けてMI-5を見てすっかりイギリス英語三昧。
貯まったマイレージで、ロンドンに超短期留学をしてみたくなるこの頃。

しかし、プラダを着た悪魔は、わざわざパソコンを出してこないと学習できないので、最近すっかりサボり気味である…。
How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseHow Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
(2007/09/20)
Michael Gates Gill

商品詳細を見る


年明けから読み始めたこの本、読了しました。
7章前後で若干、話の流れを見失いながらも、何とかかんとか。

そして2月の洋書はこちらです。

The FirmThe Firm
(1992/01/04)
John Grisham

商品詳細を見る


ちょっと長いですが、なかなか読みやすいのではないでしょうか。
まだやっと3章目なので、3月いっぱいまでに読み終わるという目標で。
Kindleで立ち読みをダウンロードして少しだけ読んでみました。

The One Thing: The surprisingly simple truth behind extraordinary resultsThe One Thing: The surprisingly simple truth behind extraordinary results
(2013/05/31)
Gary Keller、Jay Papasan 他

商品詳細を見る


ひとつのことにフォーカスした方が成功しやすい、という趣旨の本です。
なるほど、私も英語学習はどうしてもsimultaneouslyにやりがちだけれど、結局それで吸収しきれていない部分が多いからいつも失敗するんですよねぇ・・・。

ということでせっかく英検語彙を覚え始めたところなので、まずは2月も継続して語彙強化に取り組んでみようかな。
NHKの実ビジとか、やりたいことはあるのだけど、結局たくさんやっている(同時並行しているだけ)に満足していては、なかなかブレークスルーはやってこないんだよな。うんうん。
これ、読みはじめてみました。以前に購入して積読になってしまっていた本です。

How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseHow Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
(2008/09/02)
Michael Gates Gill

商品詳細を見る


毎日寝る前に30分と時間を決めて。私のスピードだと30分で1章は無理なようですが。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。