上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろ散々考えた挙句、例のとある、有名な、プロジェクトへ申込みをしました。

果たして参加が許可されるのか・・・
スポンサーサイト
そして本日三本目の記事です。

900点の戦術について。まだ細かいことはこれから考えますが、ざっくりは6月は英語の基礎トレーニングと朗唱。朗唱は本格的に明日から取り組もうと思っているのですが、これは今年1年かけて、じっくりやってみるつもりです。7月はトミーさんプロジェクトにも興味があるし、どうしようかじっくり考えてみます。

しかし基本は毎日のトレーニングを大事にして、流れるように受験して、淡々と、でも虎視眈々と英語力をつけていくということが大前提だし、これ以外のhow toなんてないような気がします。ここで900点取れたらあとは好きな世界へ泳ぎ出して行けるかなぁ、なんて。まぁ今でも十分好き勝手やっていますが。。。あとはTOEICはあくまで英語力を測定するための目的のテストになるかな、自分としては。まずはともかく数値で目標を定めてもう1回TOEICと真面目に向き合うのもいいかなと。

と言う意味で言えば、今月のTOEICに申し込んだのは少々戦略ミスだったかも・・・。おいおい。6月は受けません。TOEICも大事だし、話せる力もつけたい。二兎を追う者は一兎をも得ずになるのか、一石二鳥になるのか、これは結局自分次第だし、トレーニングの仕方のような気がしています。さてどうなることやら。

He who runs after two hares will catch neither.

OR

Kill two birds with one stone.

まずはHowよりHow muchが大事ですから、どれくらい英語学習に割けるか。そしてしっかり時間割をもう1回毎週ごと紙に書き出してできたら塗りつぶしていく。原点回帰。

朝通勤 1時間くらい
昼休み 1時間くらい
夜通勤 1時間くらい
夜自宅 2時間くらい

あらまぁ、こう書いてみると平日でも最低3時間ではなく5時間できるじゃないですか!!

それでは!
ということで、本日二本目の記事を書きます。

突然ですが、会社で英語学習に関してスピーチをして下さいと頼まれました。たぶん日本語でいいはずはんですが・・・。1年間で520点→855点を取ったhow toを話してほしいという趣旨のようです。ということは、あのアルクさんの企画のことや、とある本に載ってしまったこと、まさかこのブログのことまで自らカミングアウトせざる得ないのか・・なんて冷や汗ものです。

というか、855点はTOEIC界ではBクラスですから!!
スピーチなんておこがましいのですが、それは860点を取ってからとか、900点取れたらなんて言ってたら二度と声はかからないと思います。それに1年くらい前から会社でオフィシャルにTOEICクラブみたいのを作りたいなぁなんて密かに思っていたのです。ただこれまではそういう自分のスコアが低すぎたことと、実際に勉強していてもそれを生かせる場があまりなかったので、時々聞いてきた人に個人的に、自分がやってきたことを少し話するくらいで終わっていました。

私の場合、英語をやる目的だったり、使う場面が(今のところは)限られているので、どうしても「仕事で使う英語」メインの話題になってしまいます。他の英語学習者の方と話をしていても。もちろん超長期的スパンで目標を言えば

・英語によって自分の世界を広げる
・言語の壁を超えて他者とコミュニケーションする

という目標はありますが、まずは足場を固めるという意味でTOEIC×Business Englishにフォーカスしています。ということは一番身近である、同じ目的や必要性を持った同僚の人にそういう話をして、そういうサークルを作ることにも少しは意味があるかな、なんて。とある合宿に参加したときも「人の役に立つ」ことが英語を学ぶ目的でもある、と言ったような気がするので(これこそ優等生的でつまらない?!)思い切って引き受けてみることにしました。そしてせっかくの機会なので、会社から予算も取って(?)そういう会を作って、自分も含めて目標を達成できたらいいな、なんて思っています。

ということで、まずは自分で自分自身にコミットしなくてはなりません。

【宣言】まずはTOEIC900点取ります。
【いつまで?】7月の公開テストまでに。
【どうやって?】TOEICの素材を使ったトレーニングはもちろん、その他教材でない素材も使って、基礎をガッチガチに固めて取りに行きます。英語力の底上げと基礎力、そして私の場合は「神は詳細に宿る」を肝に据えなくては。姿勢改革なくして結果なし。


あと2ヶ月しかないのですが、自分の性格からいってあまりに長すぎてもだめだし、まだ860点も取れていないのに無謀かもしれませんが、860点と言ってしまっては「あと5点か」と言って油断しかねません。(つまり3月4月の自分のこと。)新しい仕事も山のように覚えなきゃならないことありますが、ある意味自分自身へ、どこまでできるのか限界の挑戦状を突きつけたということです。

さぁ早速企画書を作ろう!

600点台でプラトーを経験したこと。
年末年始100時間勉強したこと。
ネガティブな意見を聞いてがっかりしたこと。
頭痛がするまで模試を解いたこと。

どれもこれも無駄なことなんて、ひとつもない。

たかが紙切れ1枚のために。

たかがTOEIC5点のために。

たった1問のために。

これからその5点に向かって41日間走り続けるのだ。
誰のためでもなく、自分の達成感のために。

数々の無謀とも思える宣言を自分に課してきたけれど、次なる挑戦はこれしかない。

リスニングで満点を取る!

1週間に24時間勉強して、
3月に860点取って、
さらにリスニングで

「TOEICレベルは完璧に聞き取れる」

と堂々と言いたい。

まだまだ戦いは続くよ。



TOEIC界期待の新星 H3さんがまたまたすごいプロジェクトを立ち上げました。

新プロジェクト
「TOEIC24時間プロジェクト ~TOEICは地球を救う~」
(別名:24時間戦えますか?プロジェクト)


■ルール
・1週間で24時間TOEIC関連の学習をします。
・仕事の有無、飲み会や接待の有無は関係なし!
・勉強会などに参加した場合は、ちゃんと休憩時間などは加算対象外。
・月曜始まり、日曜終わり。
・初日は明後日1/28(月)から。
・7週間連続で行う。


これは面白い。
そしてわたしも勝手に


『参加します』


宣言!
週に21時間でもヒィヒィ言っている私が、果たしてできるのか…。
でも100時間やった時も最初は「できるのかな」と半信半疑でした。
ただこの100時間やったおかげで1月のTOEICで当日ヒィヒィいうことはありませんでした。

今ゴールに到達できるかどうか考えることが重要なんじゃない。
今やってみようという気持ちを大事にしよう。


■マイルール
・24時間はTOEICの学習だけでなく英語に触れている時間もカウントする。

■理由
・深くやる縦軸も、色々な英語に接する横軸も、いずれも大事にしたいから。


自分自身の手で、とてつもない成果を出そう!!
やるのは自分自身なのだから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。